Home > ストレッチ | 美容と健康 > 五十肩を改善させる方法/ストレッチ3種類

五十肩を改善させる方法/ストレッチ3種類

スポンサーリンク

五十肩を改善するストレッチの方法・やり方を解説した動画です。

五十肩は、肩周辺にずきずきと痛みがでて、腕の可動域に制限が出てきます。
悪化すると激しい痛みへと発展し、肩を動かす動作が困難となって運動障害を引き起こす疾患です。

無理にストレッチさせようとせず、制限があるところから少し伸ばす、または痛みがひどくなる手前までストレッチさせる。
この点に注意して、無理のない範囲でゆっくりとストレッチしていって下さい。

この動画では以下の3つのストレッチで改善を目指します。(効果には個人差があります)
1.肩上げストレッチ 15回×3セット
  ┗ 手を胸の前に置き、肘を横に開く動作を繰り返します。
2.肘上げストレッチ 左右各15秒キープ×3セット
  ┗ 片方の手を肩の後ろに回し、もう片方の手で肘を押し上げます。
3.腕上げストレッチ 一連の動作で1回×3セット
  ┗ 腕を前、横、後ろに上げる動作です。

また、筋膜リリースなども加えてあげると、根本的な改善に繋がる場合があります。

■関連動画
スポンサーリンク
おすすめ記事
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2件の評価)
■関連動画

タグクラウド

Home > ストレッチ | 美容と健康 > 五十肩を改善させる方法/ストレッチ3種類

お気に入り
初心者リンク

このページのトップ